高齢者

アラキドン酸とcox-1の役割

アラキドン酸と関係する事で新たな物質を体内で作り出すものがあります。 そのcoxの内、cox-1が関係して生成される物質は私達の胃粘膜層の良好な維持に大きな役割を担っている事が各種検証を通じて確認されています。
アラキドン酸は私達の細胞膜組織下に存在する脂肪酸の一種であり、当然胃粘膜にも常時存在しています。
私達の日常の食物摂取を通じて体内に採り入れられたcox-1はアラキドン酸と関連する事で新たな物質を作り出します。 その物質とcox-1が再度接点を持つ事で次の新たな物質を生み出し、その過程にもう一方のcox-2が関連する事で更なる物質が作り出されます。
こうした体系に沿った生成を通じて複数の新たな物質が体内に発生しプラスの作用を、あるいはマイナスの作用を私達に届けるシステムは大変複雑です。

これまでの検証からcox-1が関係する事で体内に発生した物質は、比較的プラスの作用を私達にもたらす場面が多い事が確認されています。
ですがこの「相反する効能」を医療処置もしくは投薬を通じてコントロール出来れば、病気の治療や症状の緩和改善に大きな効果が期待出来ます。
アラキドン酸とcoxが体内で接触する事が好ましく無い場面では、未然にそれを阻止する事でマイナスの作用を齎す新たな物質の生成を防御します。 そしてプラスとなる場面にのみ生成をキープ出来れば、これまで治療困難とされて来た数々の病状への効果は計り知れません。

私達の基礎知識として、アラキドン酸とcox-1が胃の内側で毎日の美味しく楽しい食生活を支えてくれている事実を踏まえておくと良いでしょう。
例えば胃の調子が優れない時などは「cox-1が正常に機能していないのかも」と考える事が重要です。 少しだけ専門医的な気分から、日常の自己管理に対する意識も変わって来るかと思われます。
とは言え日頃から意識的に「cox-1を適量体内にキープしよう」と実践出来ず、この辺りは人体の神秘に任せておくしか無いのかも知れません。