高齢者

アラキドン酸5リポキシゲナーゼとは

アラキドン酸は私達が健康に生命を維持する上で不可欠な必須脂肪酸成分の一種であり、通常体内で自力合成されます。
この合成の過程で更に科学的に細かく分類される成分へと変化を見せます。 しかしそうした物質名の中の1つがアラキドン酸5リポキシゲナーゼという成分です。

アラキドン酸が私達の体内で担う役割もまた数多く、胎児や乳児の正常な脳機能の成長促進を始めます。 私達が「考える」「記憶する」などの行為に及ぶ上で不可欠な成分としても認識されています。
当然血管や血液の正常な状態の維持や流れにも大きく関係しております。 平たく表現すれば「正常な血液と血管のコンディション維持を担う物質」と表現出来ます。
具体的に掘り下げてその作用を挙げて行くとします。 血管平滑筋の弛緩、拡張、収縮作用あるいは血小板や白血球の数値や状態のコントロールなどが該当します。
アラキドン酸を更に細かく分類した各々の成分が複雑に関係作用して司っており、これが脳細胞の正常な機能の維持という効能に繋がっています。

例えば私達が怪我を負ってしまった際、当然傷口から出血を見ますが、程無く自然に止血します。
稀に出血が止まらず怪我をしては一大事となる病気を抱える方が見られます。 しかし幾つかの原因の中にアラキドン酸の不足もしくは体内で正常な働きが為されていない事が確認されています。
アラキドン酸は体内で複雑に分離生成を重ねながら、私達が健康的に日常生活を過ごすに値する身体を守り続けてくれる脂肪酸の一種なのです。

「アラキドン酸5リポキシゲナーゼ」という単体だけをピックアップしてその効能を謳う表記があります。 現在市販されている医薬品やサプリメント商品の成分表記中に目にする事も殆どありません。 いわば「縁の下の力持ち」的な役割を私達の体内で地道に担う成分の1つです。
私達の体内にこんな物質が存在して入るからこそ、今日を健康に過ごせていると捉えておけば基礎知識としては十分です。
勿論現在も各方面の専門分野で研究分析が進められており、更に私達の健康維持や難病治療に活躍する日が訪れる事でしょう。