高齢者

アラキドン酸c20とは

「アラキドン酸」はさまざまな成分に細分化される物質である事は、ご自身の健康に日常的に留意されている方々でしょう。 あるいは用いるサプリメントなどの市販製品の成分に着目されている方々であれば、含有成分表記内容から漠然とお気づきの事実です。
そうした状況下、アラキドン酸c20という表示は比較的目にする機会も多い物質かと思われます。

簡潔に説明すると、これは魚油に多量に含まれる脂肪酸の一種類で、私達はこのアラキドン酸に関しては自らの体内で自力合成出来ません。
すなわち必須脂肪酸と位置付けられており、食事損他の方法を通じての摂取が必要です。
実際には上記の魚油を口から摂取する行為を主体に無意識に補っております。 敢えて意識的に「アラキドン酸c20を飲まなければならない」的な概念を抱く必要はありません。

先に体内での自力合成不可成分とご紹介しました。 イレギュラーなパターンとして体内にリノール酸を摂取する事で、これを元に体内での合成が叶いう為です。 この事実から摂取必須脂肪酸とは捉えない見解も存在しています。
ですが体内で欠乏すれば悪しき症状の発症に直結する物質である点は検証されております。 特に血小板凝集, 血栓形成、動脈硬化などの発症に際しては、このアラキドン酸c20の不足もしくは欠乏が主たる原因と推察されます。

私達が日常生活を快適に過ごすに際し、常にアラキドン酸c20を機に掛け続ける事は現実困難です。 しかしバランスの取れた食生活を通じて必要量の摂取及び対内合成が可能とされています。
いわゆるジャンクフード系中心の偏った食生活には欠乏のリスクが潜んでおり、注意が必要です。
ライフスタイルの事情から外食主体の食生活を余儀なくされている方の場合はどうでしょうか。 極力実際に調理された食事を店内で採るよう心掛けるなど、「買い食い一辺倒」の回避でアラキドン酸c20の確保に努められる事をお薦めします。
先にも記載の通り、ポイントは「魚油」と覚えておくと良いでしょう。