高齢者

アラキドン酸とcoxにより作られるPGF2a

私達の身体の細胞内に存在するアラキドン酸は脂肪酸の一種であります。 cox-1、cox-2の2種類のcoxと称される物質と関係し反応する事で、複数の新たな物質を作り出します。
その過程は連鎖を見せ、最初に作り出された物質に再度coxが関係する事で更なる別の物質が生み出されます。 時に1つの物質から同時に2種類更にはそれ以上複数の新たな物質が生まれる事もあります。
例えるなら「1つが2つ、2つが4つ」と枝分かれする場面があります。 「1つが新たな1つの物質に変化する」場面が複雑に混在している、まるでチャート図のような変化だと表現出来ます。

こうして作り出される物質名の名称は、一般の方々からすれば類似性が強いのです。 「PGGから2PGh2が生み出され、そこからPGE2、PGI2、PGD2、TXA2などさまざまな物質に変化する」等と説明されたらどうでしょう。 どれがどれなのかイメージする事すら難しいかと思われます。
そしてこの段階で作りだされる物質の1つがPGF2aなのです。

このPGF2aに関しても、未だ現時点では科学的に解析されていない点が多く、現在もさまざまな角度から検証が続けられています。 しかし、成人気管支喘息との因果関係が早くから着目されています。
アラキドン酸の存在が主たる要因となる私達の身体へのさまざまな影響は、健康維持面でプラスとなる作用とマイナスとなる作用があります。 双方が複雑に混在していているのです。
ですがcoxが関係する事に因り、結果健康を害する悪影響が生じるケースが多いです。 医薬品開発や医療行為に際し、このcox自体を早期根絶する手法が注目を集めています。

PGF2aは2種類のcoxいずれとアラキドン酸が関係しても作り出される特徴を有しております。 更に複数回coxとの関係で新たに物質が生み出される最終段階で発生する物質び1つです。
私達が日常目にする医薬品やサプリメントの市販品の成分表などでも殆ど目にする事はありません。 しかし、医学や科学の世界では見過ごせない物質である事を、豆知識として知っておいても無駄にはなりません。