高齢者

アラキドン酸とcoxにより作られるPGI2

アラキドン酸とcoxにより作られる物質は数多く、それぞれが異なる特徴と私達の身体に届ける作用を有しています。
coxは私達が何らかの怪我などを通じ、細胞に損傷を負った際、細胞膜内に存在しているアラキドン酸と関係してさまざまな物質を作り出します。 しかし、この製造過程に際し、時に痛みや苦痛など「負の体感」を届けてしまいます。
医療の世界ではこうした苦痛の緩和の為、より安全性が高いと認識される鎮痛剤を用いております。 更に痛みが発生する前の段階でcox自体の活動を抑えてしまう研究も進められています。
こうした製造物質の1つであるPGI2は血管内皮細胞に発生します。 私達に届けられる自覚症状としては、赤く変色する(発赤)、熱を帯びた感覚(熱感)、そして発症に伴う痛みの増加(発痛増強)が挙げられます。

但しこのPGI2もまた、アラキドン酸とcoxが生み出す他の数々の成分同様です。 一概に「私達にとって悪しき存在」とは言えず、むしろ体内で欠乏した際のデメリットの方が懸念される程、健康維持上重要な役割を果たしています。
とりわけ私達の血液や血管の良好なコンディション維持に関する働きは見逃せません。 具体例を挙げれば血小板の凝集の抑制作用、血管を拡張してスムーズな血流の確保、その他気管支の弛緩に因る安定した呼吸の確保などです。 大袈裟で無く私達の生命維持に直結する物質なのです。

これまでの研究からPGI2が患部の痛みを結果増強させてしまう作用を有する事が確認されております。 この「痛み」をより安全に速く確実に除去すべく、新たな鎮痛剤の開発が進められています。
現時点では非ステロイド系の鎮痛剤が主に処方されていますが、更なる速攻性の実現が今後の課題だと言えるでしょう。
いずれにせよ私達の身体内に無数に存在し、時に新たに作り出されます。 これに対して消滅する物質の多くがその効果に「二面性」を有しており、PGI2もそうした重要物質の代表的な1つだと認識しておきましょう。