高齢者

アラキドン酸を摂り入れるにはどのような方法があるの?

アラキドン酸は、人間の体を構成している細胞を包む、細胞膜を形成する成分として知られています。
これまでおこなわれてきた多くの研究によって、コレステロール値を下げる効果や、血圧の上昇を抑える効果があります。 認知機能や学習能力を高める効果、免疫機能を調整する効果などの、様々な効果もあります。 とくに、認知機能が低下をしている中高年や、成長過程にある乳幼児に、推奨をされている成分になります。
では、アラキドン酸を摂取するためには、どのような方法があるのでしょうか?

アラキドン酸が多く含まれている食品は、肉、魚、卵などです。 具体的には、ブタや牛のレバー、鶏卵やささみ、いくらやたらこなどの魚卵、海老やタコ、わかめやひじきなどに多く含まれていると言われています。
また、リノール酸を摂取することで、体内でアラキドン酸を合成をすることもできます。
リノール酸が多く含まれている食品は、ひまわり油、ごま油、マーガリン、マヨネーズなどの油類です。 一昔前までは、健康のために積極的に摂取をすることを勧めていましたが、50年前と比べて、日本人のリノール酸の摂取量は、4倍に増えております。 過剰に摂取をすることによって、アレルギーなどの症状が現れるケースも多いことから、摂取することを推奨している機関は、以前よりも少ないようです。

また、アラキドン酸自体も、リノール酸と同様に過剰に摂取をすることで、アレルギー症状が現れるケースがあることがわかっております。 他にも大腸ガン、前立腺ガン、皮膚ガン、動脈硬化などの病気を発症する原因となることもわかっています。
しかし、リノール酸と比べて、アラキドン酸が多く含まれている食品は、とても少ないです。 そしてアラキドン酸は、他の食品のように設定をされた一日の必要摂取量はありません。
そのため、食品からアラキドン酸を摂取する場合には、どのくらいの量を摂取すれば良いのか、正直、迷ってしまいます。
そこで、お勧めなのが、サプリメントからアラキドン酸を摂取する方法です。
サプリメントでしたら、一日の推奨摂取量が商品に記載をされています。 記載をされている量を守って摂取をする分には、副作用が起こる心配は少ないと言えるでしょう。