高齢者

アラキドン酸とcoxにより作られるTXA2

アラキドン酸はcoxと関係する事で、複数のさまざまな物質を体系的に次々と生み出す特性を有しています。
その体型は複雑な枝別れを見せ、新たに作り出された1つの物質が再度coxと関連する事で更なる新たな物質を生み出します。 更には2種類に分かれるcox-1、cox-2いずれと関係するかに因り、次の段階で造り出される物質は異なりを見せます。

TXA2はこうしたアラキドン酸を元としたさまざまな成分の中でも最終段階で作り出される1種です。 cox-1、cox-2いずれと関連しても発生するのが大きな特徴です。
これまでにアスピリンの服用経験をお持ちの方、あるいはこちら方面のある程度の専門知識をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。 そういった方はおそらくTXA2の名称を目にされた経験もしくは認識をお持ちかと思います。
アスピリンは抗血栓薬として用いられる事で知られていますが、同時に複数の強い副作用と背中合わせの存在でもあります。
何らかの効果を期待して用いる薬品には基本複数の成分が微妙なバランスの含有率で混在しています。
それら各々が私達の身体にある場面では「効能」を、同時に異なる「悪影響」を同時に届けてしまうケースは珍しくありません。

TXA2は私達の体内の血管や血流状態を正しく維持する上で重要な役割を担う成分の1つである事が、これまでの研究を通じ確認されています。
但し上記の通りアラキドン酸を母体として作り出される物質として早い段階から作り出される物質ではありません。 結果合成阻害から体内での欠乏のリスクが高いのも事実です。
アスピリンはTXA2合成阻害に因り発症する血栓症の治療に用いられる代表的な薬品であります。 この薬品の効果を通じてTXA2の体内自力合成を維持されている患者の方々は少なくないのが現状です。
私達の予備知識としては、健康で正常な血液の流れを守ってくれる成分の1つがTXA2であると認識しておきましょう。 そうすることで今後医薬品や市販品の含有成分を確認する上で役立つかと思われます。