高齢者

アラキドン酸は野菜に含まれている?

ここでは結論を記するところから、お話を進めさせていただきたいと思います。
ズバリ「野菜にはアラキドン酸は含まれていません」。
アラキドン酸や肉や魚類、ワカメなどの一部の海草類には含有される物質ですが、野菜を食べる事を通じてダイレクトな摂取は不可能です。
ですがこの部分だけを切り取る解釈で「だったら野菜を無理に食べる必要は無い」と解釈するのはどうでしょう。 あまりに短絡的な誤りである事は、読者各位なら既にお気づきの通りです。

私達の食生活はバランスが大切です。
私達日本人の食生活の欧米化に伴い、アラキドン酸の摂取量も一昔前と比較して数倍に増幅しています。 その一方、欧米人に多く見られる動脈硬化などの血管関連の障害もまた増加傾向が見られております。 健康状態をアラキドン酸の体内保有量だけで判断してはならない事を如実に表しています。

私達の食生活に於ける会話を思い出して頂ければ、主食すなわちメインのおかずは「肉」「魚」が主体であります。 野菜類は添え物すなわち副食の位置付けであるかと思います。
双方をバランス良く食べる事で、肉を摂取した際に得られる各種有効成分をより確実に体内に採り込む事が叶います。
そして肉類では補えない、野菜だからこそ含有している有効成分は野菜を食する事で摂取すれば良いのです。

アラキドン自体は通常の食事で十分な摂取量のキープが可能な物質です。
意識し過ぎるあまりの過剰摂取に至らぬ意味でも、適量の野菜を食べる事で、食事量全体を「食べ過ぎ状態」としないセーブ効果が得られます。
何より肉や魚一辺倒で食べ続ける食事は、いくら好物だからと言っても飽きてしまいますし、決して楽しい食事スタイルとは言えないでしょう。
アラキドン酸を含まない野菜を同時に食べる事こそが、肉や魚に含まれるアラキドン酸のスムーズな摂取に関係しているのです。 それを、ぜひこの機会に確認しておいてください。
稀にインターネット上の配信などで、事実に反する野菜に含まれるアラキドン関連の情報が見られるケースも存在しています。 しかし、匿名の一般人の1つの意見には科学的な裏付けは存在しておらず、情報の真偽を冷静に見極め、誤情報に惑わされぬ姿勢が大切です。